« バランスアートの世界 | トップページ | 外見か、中身か »

2005年7月19日

『異邦人』のための読書感想文

|

« バランスアートの世界 | トップページ | 外見か、中身か »

コメント

やっぱり読書感想文が大嫌いで苦手だったオレは、なぜか本のあらすじを写すなんて卑怯だ、と思ってた。大体原稿用紙2枚とか、あれは文章量のコントロールの訓練じゃないのかね。

投稿: zak | 2005年7月19日 19:38

子どもを読書嫌いや作文嫌いに育てる最短方法は「読書感想文」です。
「面白かった」としか言いようのない本を、ありとあらゆる言葉で分析し直し、自分の経験と照らし合わせて結論を書く。しかも大人が喜びそうな、行動の改善を。
国語教育は全く進歩していません。国語だけじゃないですけど。
子どもが夏休みの宿題で「へちまの観察」をどう記録したらいいのと聞いたら、夫は「ブログで世界中に発信するんだ」と答えていました。そういうの、面白そうなんだけどな。絵は手描きで、しかもつるの長さとか葉っぱの数とか気温や天気まで細かく記録されてるものだけをありがたがるのは、もうやめてほしい。

投稿: ヤヤー | 2005年7月19日 20:59

町会の回覧板でそう言えば来週からラジオ体操が始まるって書いてありました。
子どもの頃、皆さんは行きましたか?

投稿: 桃組工房 | 2005年7月19日 23:51

もちろん!ハンコ捺してもらうのが楽しみで。今は子ども会の当番の日しか行きませんけどね。ポケモンのカメックスのコロコロスタンプ持って行きます。
運動会の準備体操でもやりますが、ラジオ体操だけで息が上がるようになってしまいました。

投稿: ヤヤー | 2005年7月20日 00:17

読んでませんが、ラジオ体操が作られた背景はNHKで特集やったときに見ましたよ。第一、第二、完璧にできちゃう世代です。
第三があるって知ってました?

投稿: ヤヤー | 2005年7月20日 01:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『異邦人』のための読書感想文:

» 異邦人 カミュ著 [雨の日の日曜日は・・・]
フランス文学を代表する不条理を描いた小説、と思っていると、とっつきにくいけど、 [続きを読む]

受信: 2005年7月19日 21:13

« バランスアートの世界 | トップページ | 外見か、中身か »