« 大雪の日 | トップページ | 無料の王国、インターネット性悪説 »

2005年12月19日

女の形

 より読みやすく、わかりやすく、他者を意識して文に編集を加えるたびに、その言葉は自分から離れていってしまう。だからかも知れない。日々の思考を、第三者にもわかるように整理整頓して、Webに上げることにはそれなりの意義を感じているが、「自分の日記を人に見てもらいたい」という自己顕示欲は、以前より、だいぶ薄れた。


              ☆


 ある事情があって、僕は生まれ育った土地を遠く離れるハメになった。ひょんなキッカケで、慣れない仕事に就いた。偶然が重なって、責任のある地位にまで上り詰め、思いもかけないことから、大金を手にした。
 見たこともないくせに‥‥ある種信頼の念を起こさせる、そんな美しさを持った女と、出会った。すぐに愛し合うようになったが、彼女には、夫がいた。それで僕は生まれ育った土地を遠く追われることになったのだけど、違う。順番は、滅茶苦茶だ。


 30の歳を過ぎてから、何年もの間、僕はそのような混乱と、孤独の因果の中にいた。いや、村上龍に言わせれば、まず「混乱」や「孤独」が先にあって、そこに僕の人生が引き寄せられてきた、ということになるのだろうが、同じことだ。僕は、あまりに混乱させられたので、ものごとを深く考えたり、あまりに孤独だったので、生活する自分を注意して観察するようになった。過去の日々を思い出したり、さまざまな解答不能の難題を自分に問いかけてみた。中では、聡明な僕が「ぼく」を裁き、狡猾いぼくが、「僕」を欺く。自分自身と和解することが決してない、内省の苦しみの中で、もとから感じていた、分離、「僕」と「ぼく」との乖離は決定的なものになった。


 獄中で減刑を訴えるような、この手記は、そして窒息しそうな雰囲気をだんだんと醸し出すことに見事成功しつつあるが。にしてもこの「手記」には読者がいるのだ。数は少ないけれども‥‥熱心な。それをどう捉えるかだ。どう考えるか。下手に人を楽しませよう、喜ばせよう、などと意識すると、また誰も読まない小説から言葉を盗んでくるハメにもなり「希望に裏切られた顔、悲しみ、美しい顔よ」。ほら混乱よ孤独よ、悲しみよ‥‥あらこんにちは。結局のところ、僕には、それがどんなにありきたりなものになろうとも、心のいちばん深いところから思いを拾い上げてくる他に選択肢はないのだが同時に、それを、そんなナルシスティックな魂の叫びをWebに上げることを、恥じてもいる。


「もともと僕は、たった一日の間でもひとつのことについて異なった意見を持ち、僕の信念が長続きしないことを、すすんで認めていた」


              .


              .


Julian_Lennon


              .


              .


 いちどだけ、前述の女と一緒に紅白歌合戦を終いまで見たことがある。あのときは赤白、どっちが勝ったんだっけ。司会者は誰で、あれは何年前だったかな。出演者と。歌われた歌は。年の瀬になるとふと頭をよぎる疑問。
 師走。二度と見ないくせに。そう、思い出せもしないくせに、何年か経って今を振り返るとき、ぼくのWeblogを、コメントをくれた全員のことを僕は、彼女のようなカタチの疑問符にしてしまいたくはないのだ。


|

« 大雪の日 | トップページ | 無料の王国、インターネット性悪説 »

コメント

関連している(かも知れない)写真

 ジュリアン・レノンの子供のころです。他人の何百倍もの才能を持ちながら、それでも自分の人生を自分のものとすることを世間に許されなかった、そんな人だと思います。
 それにしても彼のオノ・ヨーコに対する怒りは並大抵ではありません。


関連している(かも知れない)小説

「悲しみよ こんにちは」。男性の読書人の中にはこのフランソワーズ・サガンを馬鹿にしている人も見かけますが、読まず嫌いで言っているのならあまりにも勿体無いし、読んで言うのなら、狂ってますね。とくにこのデビュー作には、現代にも充分通用するキー・フレーズがぎっしり。いくつかの文章・表現を本文中で引用しています。


投稿: ぼく | 2005年12月19日 17:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83169/7694769

この記事へのトラックバック一覧です: 女の形:

« 大雪の日 | トップページ | 無料の王国、インターネット性悪説 »