« 夢オチ | トップページ | 『家族ゲーム』を観てオタクについて考えた »

2006年2月18日

くしゃみは全然オッケー

【不思議な響きの言葉】

 春先は花粉症で「くしゃみ」に悩む人も多いようですが、「くしゃみ」という言葉も面白い響きですね。昔はくしゃみをすると早死にするという俗説があり、「くさめ」(死を避けるまじないの言葉。糞喰“クソハメ”)と唱えていました。やがて「くさめ」が「くしゃみ」と変化し、くしゃみの動作そのものも指すようになった、という説が一般的です。


【どこかおかしい言葉遣いの語源を探ると】

「全然大丈夫」「全然オッケー」など、「全然」を肯定的に使うことにまゆをひそめる人も多いようですが、「全然」が否定表現で使われるようになったのは、大正の終わりごろから。「全然」は、江戸時代の後期に中国の小説から取り入れられた言葉で、明治時代になってから、「すっかり」「そっくり」「まるきり」のルビつきで使われ始めました。当時は、「此の家は全然(そっくり)お前に譲るのだ」(尾崎紅葉「金色夜叉」)のように“残らず、全部”の意味で使う肯定表現と、「全然(まるで)師範校の時代の瀬川君とは違ふ」(島崎藤村「破戒」)のような否定表現の両方がありました。


【似ているようで違う意味】

 似ているようで違う意味を持つ言葉の使い方に戸惑ってしまう人も多いようですが、「おざなり」と「なおざり」、違いを説明できますか? 「おざなり(お座なり)」は、いい加減にものごとをすること、その場逃がれで誠意のないさま。「なおざり(等閑)」は深く心に留めないさま、本気でないさま。「挨拶」で考えてみると、「おざなりな挨拶」は、“挨拶はしているけど、いい加減”なこと。一方、「挨拶をなおざりにする」とは、“挨拶することをいい加減にしている”、つまり“挨拶をしていない”ということです。


              ☆


 へぇぇ、と感心。公園のゴミ箱で拾った一昨日の新聞からまるごと引いてきただけなので、あぁこれか、この「多いようですが」は読んだよという人には繰り返しになりますが。


|

« 夢オチ | トップページ | 『家族ゲーム』を観てオタクについて考えた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: くしゃみは全然オッケー:

« 夢オチ | トップページ | 『家族ゲーム』を観てオタクについて考えた »