« 部屋探し | トップページ | 春は遠し »

2007年1月18日

無限の想像力という嘘

 ありのままの君、というのは幻想に過ぎない。結局のところ、人は、人を見たいように見る。


 何を言いたかったのか、何を見せたかったのか。あなたがどんな天才だとしても、あらかじめ僕の心の中にないあなたを、僕に見せることは、できない。


 想像力に、限りはないというのは嘘である。大嘘である。


 心には、限りがある。ここまでが「自分」 / ここからが「あなた」。‥‥アイデンティティ。


 心とは、成長するに従い、僕と世界との間に、境界を設ける意識だ。本質的に自由、かつ無限である世界を想像力で区切って、心ある僕は、限りある僕になるのだ。あなたを見失うのだ。


|

« 部屋探し | トップページ | 春は遠し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83169/13558106

この記事へのトラックバック一覧です: 無限の想像力という嘘:

« 部屋探し | トップページ | 春は遠し »