« 秘密 | トップページ | まちがいさがし »

2007年2月21日

ひとりぼっちであること

 私は甘えている、なんて自分で自分を責めている人は、意外と周囲から孤立していて、ひとりぼっちであることが多い、とそんな気がする。


 そんなこともひとりでできないの、と言われる側は、言われるまでもなくひとり。


「言う側」にいる人は、例外なく集団の一員だ。属する組織から、有形無形の援助を受けてこそ「できる」そのことに対し、彼らは、あまりにも無自覚である。


 ひとりでできるもん! 若いころは自信があったが、それはそのときの僕が、決してひとりではなかったからだ。


 今の僕は、人に助けてもらわなければ、絶対に何もできないという、強い自信がある。それは僕が今、ひとりぼっちであることの裏返しなのだろう、と思う。


|

« 秘密 | トップページ | まちがいさがし »

コメント

私も一人では何もできないと感じています。できることによるかもしれないけれど、どこかで誰かに頼っている自分がいるんですね。それが金銭的なことであろうと、精神的なことであろうと。前は、そういう自覚があればいいと思っていたけれど、最近はそうもいかないんじゃないか、という風に考えるようになりました。孤独に生きるのはとても難しいことなのかも知れません。

投稿: maysa | 2007年2月21日 18:04

 何かを頼って生きていくことは、別に悪いことではないと思います。

 ではなくて、何かに依存することは、「悪」なのかも。

 自分だけを頼りにして生きていく、それは正しいことでしょう、でも難しい。

 それができなくて、自分が自分であることに依存するようにして生きている人は、醜いと思います。

投稿: ぼく | 2007年2月21日 18:33

はじめまして。
ぼくのWeblog楽しく読ませていただいてます。

「そんなことすると世間が許さないぞ」

「そんなことすると俺が許さないぞ」
って意味だったりするんですね。

投稿: 溺れた男 | 2007年5月17日 10:01

あぁ、でも「世間が許さないぞ」って、聞かなくなりましたよね。個人の時代ってことで最近は「俺」も出世しましたから。「世間」より偉いんですよね。


投稿: ぼく | 2007年5月17日 10:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83169/13994192

この記事へのトラックバック一覧です: ひとりぼっちであること:

« 秘密 | トップページ | まちがいさがし »