« 何がエレガンスか | トップページ | 粉雪 »

2007年2月15日

セブンティーン

 17歳のとき、僕は17歳に見えていただろうか。


 すでに25歳のとき、僕は25歳に見えなかった。


 実年齢より、常に5〜6歳、外国に行けば、10歳下を言われていた。


 今もこの歳で、20代に見られるとはどういうことだろう、と思う。


              .


 17歳の女のコがいて、もし彼女が、その年齢より幼かったり、逆に成熟していたりすることもなく、きちんと17歳に見えるのなら、それは素敵なことである。


 それが若さだ。「若さ」とは、40歳の人間が20歳に見える、ということではない。


 40歳が、ちゃんと40歳に見えて、それが素敵だな、と感じられる中にある。


              .


 少なくとも僕は思う、そんなふうに歳を重ねたかった、と。


|

« 何がエレガンスか | トップページ | 粉雪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83169/13923235

この記事へのトラックバック一覧です: セブンティーン:

« 何がエレガンスか | トップページ | 粉雪 »