« 西原理恵子さんのこと | トップページ | 自負と自信 »

2007年3月22日

新聞を捨てる

 読み終えた新聞は、たんなるゴミである。今後もゴミの域を出ない。というわけで捨てることにした。近所の、19時以降は改札が無人になるローカル線まで歩く。駅には、確か雑誌と新聞を捨てるゴミ箱がある。


 暗いホームには、身なりの良いおばあさんがひとりいた。靴を脱いで、ベンチに正座している。膝に赤いブランケットを掛けて、みかんの皮を剥いている。この時間に、こんなところでこの人は何をやっているのか、と一瞬思ったが、ここは駅だ、不審な行動をとっているのは僕の方で、彼女はただ、電車を待っているだけだった。電車が来ればいいと思った。


|

« 西原理恵子さんのこと | トップページ | 自負と自信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83169/14354878

この記事へのトラックバック一覧です: 新聞を捨てる:

« 西原理恵子さんのこと | トップページ | 自負と自信 »