« 南国の花 | トップページ | 1番と2番 »

2007年6月29日

才能と個性

 プロの演奏家を、何十人か集めて、自分だけのオーケストラをつくった。たとえばの話だ、僕のオーケストラと、あなたのオーケストラで、同じ曲を演奏させて、聴き比べてみたとする。


 二つの演奏は、けど「同一」にはならないと思う。天然の素材を使って、香水をつくるということは、それと似ている。まったく同じ香料を、まったくレシピでブレンドしても、できてくる香水は、同じにはならない。


 経験者の僕がつくる香水は、初めてのあなたがつくる香水より、ほんの少しだけ、いい香りがするだろう。でもそれは、本当は経験ではないのだ。パフューマーが十人いれば、同じレシピでつくっても、香水は、十種類できる。


 残酷に「才能」ということだと思う。一番いい香りの香水は、一番才能のある人間がつくる。十種類の香水には、順番がつく。


 ジョン・レノンを一番、リンゴ・スターを四番、とするような順位だ。一位の人間だけが、その順位を決めることができる。順位ではなく個性を競う、‥‥「感性」や「センス」のことを言う二位以下の人間は、一位の人に教えてもらうまで、自分が何番なのかを、知らない。


|

« 南国の花 | トップページ | 1番と2番 »

コメント

十人十色だけどもだめなやつはだめだよね。でも1位は孤独だ。祭り上げられるか陸の孤島と化すか、仲間にはなれない。

投稿: えまな | 2007年6月30日 05:36

「我おもう 故に 我あり・・・」

とは なんでしょう・・・

実験的に 生きてるあたしでしょうか?

投稿: デコ | 2008年12月26日 17:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83169/15595743

この記事へのトラックバック一覧です: 才能と個性:

« 南国の花 | トップページ | 1番と2番 »