« 2016年6月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年8月22日

アリエール

 うまくは説明できないが、両親が死んだ後で、両親が僕にくれた名前や、彼らのものだった名字を僕がそのまま使うことは、不適当だと思えたのだ。それで僕は、名前を変えた。外国人にも発音しやすいよう縮めた名前を、君には名乗った。名字を使うことはなかった。2度となかった。

 ☆

 何だか君は、ごくごく普通のものを、ものすごく変わったやり方で求めているような気がする。僕はと言えば、ちょっと普通じゃないものを、普通のやり方で手に入れようとしている。当初の目的は、知らぬ間に達成してしまった。それで今僕たちは、少し遡って、お互いの「やり方」を手に入れる、その途中だろう。

 ☆

 ずっと長い間、格好いいままでいるのは、少しも格好いいことではない。最悪だ。理想なのは、ほんの少しの間だけクールでいて、その後は踊るのをやめてしまうことだ。舞台を下りてしまうのだ。それができなかった僕のような人間は、踊りつづける。クールなんて妄想だ。腹筋30回。理想はただの理想だ。

 ☆

 先週僕は洗濯洗剤の「アリエール」はフランス語で時代遅れという意味だと知った。たぶん綴りは違うのだろうけど。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

緑3

 玄関に緑色の靴が3足並んでいる夢を見て、意味なんてないさと歌いたい。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 9日

不老不死

 天才たちには死が似合う。不老不死は凡庸な連中にこそ相応しい。というわけで僕はあまり年を取らないし、今のところ死んでない、そんなわけで。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

フランス語

 朝になったが、僕は朝を無視した。昼と夜も無視して、結局次の日も無視した。フランス語の辞書とテキストを手に、カフェに何時間もいた。フランス語は僕を無視しつづけるのだった。が、僕はしつこかった。

 時間を無視する僕には、時間があるのだった。

 僕には、朝と、昼と夜があり、次の日があった。結局‥‥




| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年10月 »