« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月24日

コーヒー缶

ピアノはヤマハ。音はまぁまぁ。でもスツールが壊れていた。高さが調節できない。

君は笑顔で、座布団を1枚、2枚と持って来させる。

高い位置に座って、もいちど笑顔だ。

上から鍵盤をがんがん叩きつけたいのだ。



帰国してみると、仕事は山積していて、預金口座は空で、2週間ぶっつづけで働かなきゃならなくて。

ジョナサンまでもがサイトに「熱狂の2016年も終わり‥‥」なんて書いていて。

だけど冷蔵庫の豆腐の消費期限はぎりぎり切れてなくて、冷凍してたほうれん草は生きていて、まだいけるかな、と思ったりもしている。

お豆腐とほうれん草を主語抜きで茹でて食べる。



コーヒー缶に僕の顔写真がプリントしてある。

君の知り合いのコーヒー職人がつくってくれた。とても濃い。お湯を足してアメリカンにするか、ミルクを足してカフェオレにして飲んでねと言われた。

税関に何て言おうか悩んでいたけど、スーツケースは開けずに済んだ。本当に良かった。

スーツケースにはそれ以上に説明に困る品が入っていたから。



書の掛け軸。

君や君のお母さんと深い関わりのある高僧が書いて僕に贈ってくれた。何と書いてあるのかは読めない。

みんなで仲良く、とかそんな意味の言葉が書いてあるらしい。

訳すと「幸せになるための方法」てな感じのタイトルの本ももらった。高僧の本だ。

君たち2人は早く結婚しなさい、と言ってるのかも。



そう思ったのは僕だけじゃない。誰もが訊く。

君や君の家族と親しくしている僕を見て、

「結婚してるの?」

「してません」

「いつ結婚するの?」

「わかりません。するかどうかもわかりません」



僕たちの乗る車と平行して日産フィガロが走っている。日本以外の国でこの車を見るのは初めてだ。日本でももう滅多に見かけない。

よほど好きなやつが個人で輸入したのだろうか。



偶然、2人だけになったとき、至近距離で見て初めて気づいたんだけど、君のドキュメンタリー番組を制作している、フリーのディレクターの女性は、僕が思っていたより、ずっと年上だ。

25くらいだと思っていた。あまりに美人なのでわからなかった。

でもたぶん40近い。

尊敬するバレエダンサーについて、熱く語ってくれた。

その間ずっと、5分置きに、ボーイフレンドから電話やメールが来る。

「飲んでるみたいこの人」




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月22日

Both Sides Now意訳

Moons and Junes and ferris wheels

月と6月 回る観覧車

The dizzy dancing way you feel

クルクル踊り回ったら

As every fairy tale comes real

おとぎ話も現実になって

I've looked at love that way

愛ってそんなものかなと

But now it's just another show

でもその話にはつづきがあって

You leave 'em laughing when you go

舞台を降りれば笑い者

And if you care, don't let them know

気にしてない 他人は他人

Don't give yourself away

自分は自分でいればいい

I've looked at love from both sides now

愛を表と裏から見ていた

From give and take, and still somehow

最後はキブアンドテイクでしょ

It's love's illusions I recall

でもその愛は幻想だった

I really don't know love at all

愛って結局何だろうね

Tears and fears and feeling proud

悲しみも涙も乗り越えて

To say "I love you" right out loud

「愛してる」は大声で

Dreams and schemes and circus crowds

夢を追うには手順と人脈

I've looked at life that way

人生そんなものかなと

But now old friends are acting strange

けど友達は離れて行く

They shake their heads, they say I've changed

お前は変わってしまったと言って

Something's lost but something's gained

失うことで得てきた自分

In living every day

生きていくためにはしかたない

I've looked at life from both sides now

人生 表と裏を見てしまった

From win and lose, and still somehow

最後は勝つか負けるかでしょ

It's love's illusions I recall

でもこの人生は幻想だった

I really don't know love at all

人生って結局何だろうね




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 1日

USJ

 ユニクロでウルトラストレッチジーンズとフリースジャケットを買った。今まで着ていたのと同じサイズ、同じ色のもの。それでも新しい服を買って着るのは心の健康にとってプラスだと感じる。たったの数千円で日々の生活が新しくなったような気分になれるのはいい。ユニクロでときどき買うのはこの女物のストレッチジーンズとフリースと靴下とヒートテックの下着ぐらいだけれど、買う度に品質が向上しているのはすごいと思う。見るとウルトラストレッチジーンズにはリベットが打ってあって、もはや普通のジーンズと何の違いもないのだ。パジャマとして使用しても問題のないくらいソフトな生地は洗濯20回で伸びてゴワゴワになってシルエットが崩れてしまうのが残念だが、まぁ2年で買い替えろよということかも知れない。たぶんそのころには更なる進化を遂げた究極のウルトラストレッチジーンズが今と同じ値段で売っているのだろう。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »