« 無風状態 | トップページ | 大阪 »

2019年4月12日

ブロッコリー

 

 見知らぬ男女10人が、スイートをシェアしていた。アジア系の女性2人は親子で、他は英語を話す白人の男性だった。1泊だけの予定で予約した、高級ホテル。案内されたのは、そんなスイートルームだった。

 

 リビングには無料のケーキやパンが用意してあった。大量に用意してあったようだが、ほとんどなくなっていた。翌日の朝食には、塩茹でしたブロッコリーが、これまた大量に皿に盛られていた。パンやクッキーは全部なくなっていた。食べる人のない栄養たっぷりのブロッコリーを、僕は1人で全部食べた。

 

 チェックアウトの前にバスルームを使いたかったが、そこはアジア系の親子に占領されていた。毎朝のことなのだろう。椅子に腰掛けて本を読んでいた初老の紳士が、僕に目配せして苦笑いした。

 

 

 

|

« 無風状態 | トップページ | 大阪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 無風状態 | トップページ | 大阪 »