« 何か | トップページ | 交差点 »

2019年4月30日

白雪姫の小人

 

 白雪姫の小人のようなおじいさんが台所でカレーを煮ている。できたようだ。鍋と白いご飯を盛った皿を手にどこかへ消えた。次は僕の番だった。スパゲティを茹で始めた。食べたら出かける、と僕は君に話した。帰りは零時を回る。すると眠りのこちら側で声がした。

 

 

 

|

« 何か | トップページ | 交差点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 何か | トップページ | 交差点 »