« 大猫のこと | トップページ | ア・ロング・バケーション »

2019年11月17日

そこだけ、まるで

 

 コンサートは既に開場していたが、その若い調律師は、まだピアノに齧りついていた。ぎりぎりまでつづけるようだ。

 

 スマホの時計で時間を確認しながら(残り時間30分‥‥)、作業を進める彼を、誰もが不安気に見つめていた。特に高音部の調律に手間取っているようだ。音の輪郭が明確に定まらず、そこだけ楽器の音に聞こえないのだ。ピアノの音が、まるで人間の声のようなのだ。

 

 

 

|

« 大猫のこと | トップページ | ア・ロング・バケーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大猫のこと | トップページ | ア・ロング・バケーション »