« 褒めレター | トップページ | 危険なエスカレーター »

2019年12月17日

放課後

 

 その日の授業が終った。僕は教室を出て、右足だけで階段を下りた。ケンケンケンと、3段抜かしで飛び跳ねていった。僕には左足がなかったのかも知れない。‥‥ よく覚えていない。

 

 校舎を出ると、そこは空港の出発ロビーだった。飛行機に乗り遅れた、という女の人が取り乱していた。空港の職員が何か話しかけていたが、言葉がわからないようだった‥‥ 。職員の制止を振り切り、その女の人は滑走路に飛び出した。そして空を見上げながらどこかへ駆けていった。

 

 ‥‥授業が終った。その後に清掃の時間になった。僕ともう1人の男子生徒は、狭い放送室の担当だった。掃除はすぐに終わり、その男子生徒は先生のところへ終了の報告に行った。僕も「終ったら各自下校してください」と放送して、帰る準備を始めた。

 

 僕たちはベランダから外に出た。そこは懐かしの渋谷のように見える繁華街だった。彼は映画を観ると言い、どこかのビルの中に消えていった。ふと気づくと、路上には僕1人だった。誰もが屋内にいる‥‥ 。繁華街は2倍の広さに感じられた。

 

 

 

|

« 褒めレター | トップページ | 危険なエスカレーター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 褒めレター | トップページ | 危険なエスカレーター »