« 黄色い風船                                                                   | トップページ | 足指の踊り                                                                   »

2020年9月 8日

趣味と特技                                                                  

 

 質問者が僕に向けたのは、マイクではなかった。サラダ菜だった。答える代わりに、僕は食べた。

 

 同僚とタクシーに乗り込もうとするところで、彼は僕に言った。「お前、クビになったんだろ、来なくていいよ」

 

 ビートルズが来日する。僕は取材に行くはずだった。

 

「クビって、いつ?」「今」「今?」「お前履歴書の趣味と特技の欄に、ガラスって書いただろ?」「ガラス好きだからな、って何年前の話だよ、なんでそれが今問題になるんだ?」「社長が代わったんだよ、んで、全社員の履歴書見直したんだな、そしたら誰だ、この趣味がガラスってふざけた奴は、クビにしろ‥‥!」

 

 その話を聞いたタクシーは僕たちを乗せずに行ってしまった。

 

 ガラス?

 

 同じ夢の中で、僕はその元同僚と一緒に、人力車を引いている。客は乗せてない。仕事ではないのだ。僕たちはビートルズの4人に会いに行く。そこで趣味の話をするつもりだ。

 

 

 

|

« 黄色い風船                                                                   | トップページ | 足指の踊り                                                                   »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 黄色い風船                                                                   | トップページ | 足指の踊り                                                                   »