« 光の価値                                                                   | トップページ | 眠り方                                                                   »

2020年10月23日

ナルシスト                                                                  

 

 向こう岸の建物が湖に映っている。その反映の中では、少し背が高くなってスリムになっている。建物は湖に写った自分を見て、それが本当の姿だと思い込んでいるのだろう。そのうぬぼれが、建物に傲慢な雰囲気を与えている。空には、笑う緑色の月が出ていた。

 

 

 

| |

« 光の価値                                                                   | トップページ | 眠り方                                                                   »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 光の価値                                                                   | トップページ | 眠り方                                                                   »