« 雑巾のように大きなガム                                                                   | トップページ | 記憶を鏡に映したら                                                                   »

2020年10月26日

ショッピング                                                                  

 

 その店の中はバスの車内のようだ。座席は取り払われていて、たくさんの人がいる。服や雑貨を売っている店だ。僕は君と、君の友達と一緒に、3人でショッピングに来ていた。君は違う商品を見に隣の店に行ってしまったので、僕は初対面だったその友達と会話をしていた。

 

「何を買ったの?」と訊く。すると彼女は店の中で包みを開き、中に入っているものを見せてくれた。

 

 それから僕たちは、君が待っている隣のバスに乗り込む。出発だ。「何も買わなかったのね」と君は言った。

 

 

 

| |

« 雑巾のように大きなガム                                                                   | トップページ | 記憶を鏡に映したら                                                                   »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雑巾のように大きなガム                                                                   | トップページ | 記憶を鏡に映したら                                                                   »