« ナルシスト                                                                   | トップページ | 小説の原稿                                                                   »

2020年10月23日

眠り方                                                                  

 

 緑色のパジャマを着た女のコは今日もやってきて、熟睡中の僕を起こした。そして言った。「眠りたいんだけど?」

 

「一緒に?」彼女はそれには答えなかった。

 

「私は眠り方を知らない。眠ったことがない」

 

 僕は眠ったことはある、と言った。でもそのときのことはもう忘れてしまった。改めて考えてみる。僕が眠ったのは何時間前だろう。いつから眠っていたのだろう、と。もしかしたら何日、何年も前から。

 

 

 

| |

« ナルシスト                                                                   | トップページ | 小説の原稿                                                                   »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ナルシスト                                                                   | トップページ | 小説の原稿                                                                   »