«  13歳の心臓                                                                   | トップページ |  高速道路                                                                   »

2024年4月21日

 酒瓶                                                                  

 

 足元に酒瓶があった。隣のテーブルの方に蹴飛ばした。赤い酒が入っていた。僕は酒を飲まない。

 

 隣りのテーブルで飲み食いしていたグループが僕に手を振って挨拶したのを見て席を立った。

 

 店の外に出ると明るかった。朝だ。カネを払わずに出たことを思い出した。

 

 僕はいろんなことを忘れていた。椅子の背には上着をかけたままだった。上着の内ポケットには財布が入っていた。

 

 

 

| |

«  13歳の心臓                                                                   | トップページ |  高速道路                                                                   »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



«  13歳の心臓                                                                   | トップページ |  高速道路                                                                   »