«  右半分                                                                   | トップページ |  指                                                                   »

2024年6月21日

 革ジャン                                                                  

 

 新しい腕時計の革のバンドを、馴染ませようとして撫でまわしていたら、ボロボロになってしまった。失敗した、と思ったが、やめられなくなった。さらに撫でまわしていると、注文した人がやって来た。黒い革ジャンを着た、セクシーな風俗嬢だ。彼女の新品のように見える革ジャンは、体に馴染んでなかった。それではいけない、と思った僕が、脂ぎった手でベタベタと撫でまわしている間、彼女は「アンタ、ビョーキじゃ」と言い、嫌悪感からか、呼吸と心臓の鼓動を止めていた。

 

 

 

| |

«  右半分                                                                   | トップページ |  指                                                                   »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



«  右半分                                                                   | トップページ |  指                                                                   »